一般社団法人 柔整真進会[接骨院・整骨院の開業から保険請求代行業務(レセプト請求)までサポート]

9月レセプト提出受付のお知らせ

毎月、期間内のレセプト提出にご協力いただきまして、ありがとうございます。
9月のレセプト提出受付についてお知らせ致します。

提出期限は9月5日(日)12時必着となっております。

今週末から来週にかけ、台風21号が非常に強い勢力を保って日本に接近する見込みです。
天候や交通状態により配送遅延が発生する可能性もございます。

ご提出の際は必ず追跡番号を保管し、早めのご提出をお願い致します。
また、受付期間を過ぎたレセプトは、翌月の受付となりますのでご注意ください。

会員の皆様、お忙しいところ恐縮ですがご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。




| 2018年08月31日 10:15:47 | 事務局よりお知らせ |


保険証確認の強化をお願いいたします

現在、保険者返戻の内、保険証の確認不足による返戻が約半数となっております。
「資格喪失後、取得前受診」・「保険者番号誤り」・「記号番号相違」などは、審査部で確認することができません。
「先月と変わってないはず」と思わずに、院内掲示や患者様との会話の中で保険証の変更がないかの確認を意識づけ、
毎月の月初めには保険証を持ってきていただき、施術録の記載内容と相違がないか、
保険証原本と確認
を行うようにしましょう。

また、生年月日や性別の誤りも多く見受けられます。
施術録の作成時は、複数人もしくは複数回の確認を徹底
しましょう。
レセコンの自動審査も活用して頂き、自院審査の強化をお願い致します。


| 2018年08月30日 13:30:15 | 事務局よりお知らせ |


レセプトの署名や訂正について

今回の審査で、レセプトの署名について気になる点が見受けられました。

・患者様に署名をいただく際は、被保険者の署名が必要になります。
保険証を確認し、本家区分が家族の方は、ご本人ではなく被保険者のお名前で署名をいただいてください。

・利き手の負傷などで患者様本人から署名を頂くことが難しい場合は、
平成30年度療養費の支給基準(187ページ)に
「利き手を負傷しているなど患者が記入することができないやむを得ない理由がある場合は、
柔道整復師が自筆により代理記入し患者から押印を受けること。
(患者が印を有さず、やむを得ず患者のぼ印を受けることも差し支えないこと。)」
とある通り、代理署名が認められています。
代理署名ができるのは柔道整復師のみです。患者様の押印も忘れないようにしましょう。

・書き損じなどで訂正をする場合は、受取代理人への委任の欄内のみ、二重線を引いて訂正してください。
訂正印は不要ですが、押印する場合は患者様名義のものをお願い致します。
欄内での施術管理者の訂正印は返戻となります。ご了承ください。


| 2018年08月24日 17:32:48 | 事務局よりお知らせ |


レセプトとデータの請求内容相違について

今回の審査で、総括表・レセプト・データで請求内容に相違が見受けられました。

・保険者番号等、手書きの訂正のみでデータが変わっていない
・未提出、返戻再提出の施術月ではなく、送金済の施術月分が重複請求されている
・総括表とレセプトの枚数が合っていない
・返戻再提出処理がされておらず、当月分に集計されている
・返戻再提出分のレセプトのみ提出されており、データが入っていない

などといったケースは、正しい集計の妨げになります。
総括表・レセプト・データに相違がないよう、手書きの訂正はデータも併せて訂正する、
総括表とレセプトの金額・枚数を合わせるなど、自院での確認強化をお願い致します。

処理方法が分からない場合は、各レセコン会社にお問い合わせください。


| 2018年08月22日 14:18:49 | 事務局よりお知らせ |


レセプト発送完了のお知らせ

今月受付分全てのレセプトの発送が完了いたしました。
期日前のご提出・お問い合わせの回答にご協力いただきまして、ありがとうございました。
後日、会報にて今回の審査で気になった点などをお知らせいたします。

次月の提出期日は、9月5日(水)の12時となります。
よろしくお願いいたします。


| 2018年08月10日 14:36:37 | 事務局よりお知らせ |


1 2 |


カレンダー

<<   2019年 08月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31